一般社団法人 福岡市鍼灸師会 ホームページ 福岡市大濠公園の画像

〜 保険診療について 〜

社会保険について


【 はりきゅうの保険診療について 】


会員治療院では医師の同意書があれば、はり・きゅうの治療が健康保険で
受けられます。

*同意書…医師が診断し、はり・きゅうの施術を受けることを認めた書類で当会の会員
治療室には常備してあります。


▼ 保険で鍼灸治療が出来る疾患は以下のとおりです ▼

1: 神経痛

いわゆる神経痛です。場所は問いません。

2: リウマチ

手・足等の関節がはれて痛む動かせない

3: 腰痛症

腰が痛む・重い・ぎっくり腰

4: 五十肩

肩の関節が痛い・腕が上がらない・腕の付け根が痛む

5: 頸腕症候群

首から腕への痛み、しびれ、手が挙がらない

6: 頚椎捻挫後遺症

事故後等の痛み。いわゆる「むち打ち症後遺症」です

※ご注意下さい


1.  併用治療について
※鍼灸の保険治療中は、同じ病名で病医院での治療・投薬(シップ等も含む)が受けられません。
※他の病気や痛みで病院にかかることは問題ありません。

2.  3ヶ月ごとに医師の同意書が必要です。

保険治療の手続きの方法

1. まず会員治療院にご来院のうえ、医師への同意のお願いの文書と同意書をお受け取りください。
2. 治療を受けている病院に行き、同意書に必要事項を記入、捺印してもらってください。
3. 同意書を発行していただいて一週間以内に保険証と印鑑を持って会員治療院へおこしください。
保険申請はすべて治療院で行います。
受領委任の取り扱いが出来ない保険者(九電健保等)は、各自月末締めで本人請求になります。
健康保険組合の場合、各保険者へお問い合わせのうえ御来院ください。


労災・自賠責保険・その他の鍼灸助成金について

会員治療院では健康保険の他に労災保険や、自動車事故の自賠責保険もご利用いただけます。 福岡市国民健康保険や福岡県・福岡県警察職員組合等の各種鍼灸診療助成金が使えます。  

●労災保険

労災保険は、業務上の事由、または通勤災害による 労働者の負傷・疾病等に対して行う保険です。
労災規定の診断書を医師より受け、勤務先で療養費請求書に必要事項を記入されることにより一般の健康保険での加療と異なり、病医院と同時に鍼・灸を受けることができます

●自賠責保険

相手先の保険会社のご担当者に、鍼灸治療を受けたい旨を連絡し、会員治療院にご相談ください。

●各種助成金

福岡市国民健康保険の『はりきゅう受療証』は各区役所の国民健康保険課へ保険証をご持参して申請書を記入いただければ即時発行してもらえます。(後期高齢者は全市民が対象です)
(月間8回・年間96回まで 施術ごとに一般・後期高齢者ともに1000円が助成されます)   

各種助成金につきましては、お手元に健康保険証をご準備のうえ会員治療院にお問い合わせください。

 

▲ページの先頭へ戻る

所在地:福岡市博多区博多駅前4-5-12 電話:092-461-2745 FAX:092-461-274